オムツ無し育児 第1クール終了!

0
    今日は、先月始まった「おむつ無し育児」の
    第1クールの3回目、最終回です。

    これまでの皆さんの様子をお聞きして・・・
    少しずつ、触育で歩み寄っていますね!

    結果を期待したくなるものですが、
    この時期は結果ではなく、その経過がとっても 大事なんです。

    だから「おむつ無し育児」っていうタイトルですが、
    3回でおむつが卒業できるわけではありませんのであしからず・・・。

    今日も、触育と子育てのお話・・・。

    全3回を終えたお母さんたちの感想です↓

    *  〜   *  〜  *  〜  *  〜

    子どもをよく見ること、触ることで 子どもが感じていることや
    欲していることが 何となくわかっていけるように思いました。

    その延長で、おむつはずしの練習もしていこうと 思います。
    子どもの考えていることをわかろうとすることから
    まず始めようと思わせていただきました。

    ありがとうございました。

    *  〜   *  〜  *  〜  *  〜

    観察すること、いっぱい体にふれてあげること の大切さを知り、
    今後いままで以上に 実践していこうと思いました。
    一歩をふみだせないでいたけど、
    早くおむつをなくしていく練習をしていきたいと 思います。

    *  〜   *  〜  *  〜  *  〜

    「あうあういたきも攻撃」は教えていただいてから
    少しグズったときなどにする様にしています。
    ご機嫌が良くなり、よく笑う声をあげるようになりました。

    ふれあう「触育」の大切さをとても感じられています。
    なかなか触れ合い時間がとれない時もありますが、
    少しでも意識してお互いの肌をふれあう事や 遊びを
    たくさんしたいと思っています。

    自分が小さかった頃、母親にそういうえば
    たくさん触れ合ってもらった事をなつかしく思いだしました。
    私もそういう触れ合いをとれたら、
    娘も思い出として思い出してくれたらうれしいです。

    *  〜   *  〜  *  〜  *  〜

    入門修了の皆さま、おつかれ様でした☆
    今の時期に、触育を実行できるのはとても素晴らしいことです♪

    またひまわり畑でお会いしましょう

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    ご予約・お問合わせ

    ご参加のお問い合わせ、ご予約は
    info●luna-sola.com
    ●を@に変えてください)
    070-5437-1576まで
    又はお申込みフォーム
    ホームページはこちらです SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー

    プロフィール

    カテゴリ

    カレンダー

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>

    伊東明子

    profilephoto
    ビジョンヨガ公認
        中級インストラクター
    マタニティヨガインストラクター
    タッチセラピー手波法
             テナミスト
    名前のことだま鑑定師
    母と子のタッチセラピー講座講師
    女性のカラダ講座講師

    新着記事

    recent comment

    • 布でできたおむつ
      明子
    • 布でできたおむつ
      たれ
    • NHK文化センターにて「名前のことだま教室〜入門〜」開催
      明子
    • NHK文化センターにて「名前のことだま教室〜入門〜」開催
      ことだま教師
    • 「家族に優しくできました〜♪」
      明子
    • 精神面が癒されるヨガ
      明子
    • 「家族に優しくできました〜♪」
      たれ
    • 精神面が癒されるヨガ
      たれ
    • 「一人目の時は何の知識もなくて・・・」
      明子
    • 「一人目の時は何の知識もなくて・・・」
      たれ

    links

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode